様々なウォーターサーバーを実際に試して、比較しました。ウォーターサーバー選びに是非ご参考ください。
キッチンに立つ妊婦

【妊婦さん必見!】ミネラルウォーターを用いた栄養満点の健康レシピ~母子の健康を守るために~

ミネラルウォーターを飲んだり料理に使用することで、妊娠中のママや胎児に良い影響を与えることが分かっています。

妊娠中は特に多くの「栄養素」が必要となるため、エネルギーの摂取量が増えますが、あなたは自身を持って胎児の発育に良いものを食べている、または飲んでいるといえますでしょうか?

食べ物に気を遣う方は多いものの飲み物となると意識する方が少ないと思います。

そこで、健康のプロである筆者が、妊娠中のママ、胎児の発育に必要な栄養素を最大限に考慮したミネラルウォーターを用いた栄養満点のレシピをご紹介します。

妊娠中に必要な栄養素はミネラルウォーターを活用して効率よく摂取しよう!

体内に吸収された栄養素が胎児の発育に繋がるため、栄養価の高い食べ物、飲み物を効率よく摂取しなくてはならないということは多くのママが認知しているかと思います。

ただ、残念なことに飲み物は食べ物と比較し「あまり重視されていない」のです。

筆者は長年「妊婦さんにおすすめの飲み物の紹介、アドバイス」をして参りました。

その中で、良く以下のような質問をいただきます。

「ミネラルウォーターでないとだめなの?」

「効率よく栄養素を摂取ってどういうこと?」

結論から申しますと、

妊娠中は糖分の多い飲み物やカフェインの入った胎児の成長を妨げる危険性のある飲み物でも栄養効果のない水道水でもなくて、ミネラルウォーターを飲むことを推奨します。

そして、ミネラルウォーターを日常生活にできるだけ多く取り入れることが効率の良い栄養素の摂取の方法です。

下記で「効率よくミネラルウォーターを摂取できるコツ」について触れていきます。

母子の健康を守るために、今すぐ実践可能な内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

胎児にもママにも優しいミネラルウォーターを「食」に取り入れよう

ミネラルウォーターを日常生活に多く取り入れていくことが大切であると述べました。

普段あまり飲まないという方、今まで飲み物に対する意識をされていなかった方にもぜひお試しいただきたい「ミネラルウォーターの活用術」をご紹介します。

飲むだけじゃない!ミネラルウォーターを食事に活用する~水道水では不十分~

ミネラルウォーターは「そのまま飲むもの」と考えている方も多いのですが、水を使用する料理(味噌汁、スープ、カレーなど)にも活かすことができます。

妊娠中の場合、1日あたり約2~3リットルの水分量が必要とされていますが、あなたは摂取できていますでしょうか?

水分には水以外にもお茶や清涼飲料水などがありますが、ここでは胎児の発育とママの健康に最も適している「水」を基準として述べます。

十分に水を摂れているという方も、水道水とミネラルウォーターに含まれる成分の違いについて考えてみてください。

毎日、水道水を飲んでいる方とミネラルウォーターを活用している方とでは摂取できる栄養素の内容が異なります。

ミネラルウォーターには

  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

など身体が正常に機能する上で欠かすことのできない栄養素が含まれていますが、これらの成分は水道水には含まれていません。

妊娠期間中、毎日ミネラルウォーターを飲めば、その分ミネラルを摂取できることとなります。

同量の水を飲むのであれば、少しでも健康に良い水を食事にも取り入れてできるだけ多く飲むことが胎児の健康的な発育に繋がるのです。

食材の旨味を最大限に引き出し、食欲もアップ

ミネラルウォーターを食事に活用することをおすすめする理由は、ただ量を増やしていただきたいからというだけではありません。

ミネラルウォーターには

  • 料理のコク(旨味)を引き出す力
  • 料理をまろやかにする力

上記2点の働きを持っています。

妊娠中であるからといっても、あなた自身の体調は毎日一定ではないため、食事を多く摂取することが苦痛となる日もあるのではないでしょうか。

その際に、いつもと同じレシピでも「一味違ったおいしさ」を感じることができたなら、食欲もアップしますよね!

さらに前述した、ミネラル成分を効率よく摂取することができる点も評価すれば、ミネラルウォーターはまさに妊娠中になくてはならない存在であるといえます。

【健康のプロが伝授!】妊婦さんにおすすめのミネラルウォーターを用いた健康レシピ

ミネラルウォーターがママの健康と、胎児の発育に良い効果をもたらす点、食事に取り入れることで、より効率よくミネラル成分を摂取できる点について述べました。

ここでは、実際に健康のプロである筆者が本気で推奨するミネラルウォーターを用いたレシピをご紹介します。

栄養バランスを考えた妊婦さんのためのレシピです。あなた自身の健康のために、そして愛する我が子のためにぜひ、積極的に活用してください!

消化に優しい!栄養たっぷり温玉うどん(2人前)

・使用材料:うどん2人前、豚薄切り肉200g、温泉卵2個、醤油大さじ1、白だし大さじ2、砂糖小さじ2、生姜チューブ(お好みで)、ミネラルウォーター適量

・調理時間:5分

・調理方法

  1. たっぷりのお湯を沸かした鍋にうどん、豚肉を入れ茹でる
  2. 別の鍋にミネラルウォーター、そのほかの調味料を入れ軽く火を通し、だし汁をつくる。(冷やしうどんの場合は火通し不要)
  3. 茹であがったうどんに「だし汁」をかけて完成

・プロによる評価

小腹が空いたとき、あまり体調が優れない時でもお召し上がりいただける栄養満点レシピです。

豚肉と温泉卵のみのシンプルレシピですが、たんぱく質、ビタミン、ミネラルのバランスが良く、口当たりもなめらかです。

だし汁にミネラルウォーターを使用することで、つゆ自体に「まろやかさ」がでて、さらにおいしくなりますよ!

栄養満点!サバ缶冷ややっこ(2人前)

・使用材料:サバの水煮缶1缶、豆腐2パック、ミョウガ2本、生姜少量、ネギ2分の1本、醤油適量、ごま油(お好みで)、ミネラルウォーター適量

・調理時間:5分(待機時間15分)

・調理方法

  1. 豆腐をミネラルウォーターに浸しておく(15分程度)
  2. サバ缶の汁を切り、軽くすりつぶしてボウルへ入れる
  3. ミョウガ、生姜、醤油をサバに和えて豆腐にのせる

・プロによる評価

食欲がない時でも喉に通りやすい豆腐を妊婦さん向けの栄養満点レシピへとアレンジしました。

あまり知られていませんが、豆腐をミネラルウォーターに浸すことで良質な水分が吸収され旨味がアップします。

豆腐には豊富な「たんぱく質」、美容への効果が期待できる「イソフラボン」が含まれており、女性に大人気ですね。

妊婦さんの中でも「体重増加」を気にされている方に特におすすめです。

トッピングしたミョウガや生姜には身体を温める作用があり、冷え性の緩和や免疫力アップの効果が期待できるため、こちらもぜひ取り入れてください。

ビタミン豊富!あっさりトマトスープ(2人前)

・使用材料:トマト缶1缶、ソーセージ(お好みの本数)、たまねぎ2分の1個、オリーブオイル適量、ミネラルウォーター適量

・調理時間:15分

・調理方法

  1. オリーブオイルを鍋に敷き、ソーセージ、たまねぎを炒める
  2. トマト缶、ミネラルウォーターを入れ、10分程度煮込んで完成

・プロによる評価

トマトスープといえば、手間がかかると思っている方も多いのですが、トマト缶を使用することで簡単に調理することができます。

トマトは風邪の予防や免疫力アップの効果が期待できる成分「リコピン」や日本人に不足しがちな成分「ビタミン」を豊富に含んでいるため、妊婦さんに積極的に摂取していただきたい食材の1つです。

たまねぎやソーセージを加えることでさらに栄養価がアップしますし、料理が寂しくなりません。

こちらもミネラルウォーターを使用することで味にコクがでますので、ぜひチャレンジしてみてください。

緑黄色野菜たっぷりのサラダ(2人前)

・使用材料:アボカド1個、トマト1個、ツナ1缶、たまねぎ2分の1個、お好みのドレッシング適量、ミネラルウォーター適量

・調理時間:5分(待機時間15分)

・調理方法

  1. 事前準備として野菜類をミネラルウォーターに15分ほど浸しておく
  2. 玉ねぎをみじん切りにしておく(後ほどドレッシングと加えると良い)
  3. アボカド、トマトは一口大に切り、ツナ缶は汁を切っておく
  4. 野菜にお好みのドレッシングと玉ねぎを加え完成

・プロによる評価

自宅でつくることのできる妊婦さんにおすすめの簡単なサラダです。

アボカドやトマト、たまねぎに含まれるビタミンやミネラルをおいしく摂取できる方法の1つ。

野菜類を事前にミネラルウォーターに浸しておくことで旨味を閉じ込めることができますので、ぜひこちらもお試しください。

さっぱり感が特徴の鶏肉と里芋の煮物(2人前)

・使用材料:鶏もも肉1枚、里芋300g、醤油、みりん大さじ1、めんつゆ大さじ3、ミネラルウォーター適量

・調理時間:15分

・調理方法

  1. 里芋を一口大に切り、ミネラルウォーターの入った鍋に入れ煮る
  2. 鶏もも肉、調味料を加え、再び煮込んで完成

・プロによる評価

里芋と鶏肉だけの煮物ですが、妊婦さんの食べやすい「さっぱり」タイプのレシピとなっています。

味の通りにくいジャガイモやニンジンを加えると栄養価は高くなるものの味が濃くなってしまう可能性があるため、妊婦さんにはあまりおすすめできません。

ミネラルウォーターを使用して煮込むことで味に深みがでるだけでなく、染みこみが早くなりますので、ぜひ活用しましょう。

ミネラルウォーターは沸騰させても成分の変化がないので、煮込み料理にも積極的に使用してください。

妊婦さんに優しいウォーターサーバーを活用して食生活をもっと楽しく快適に!

妊婦さんにおすすめの簡単レシピをご紹介しましたが、下記のような不安を抱いている方も多いのではないかと思います。

「そんなに料理に使用していたらペットボトルを購入するのが大変」

「重いものを持つのが大変」

その気持ち良くわかります。特に妊娠中は外出するのもきついですし荷物の量はなるべく少なくしたいものですよね?

実は、ペットボトルを購入しなくても重い荷物を持たなくてもミネラルウォーターを手に入れられる方法があります。

それはウォーターサーバーを活用すること!

妊婦さん向けの使いやすいウォーターサーバーがありますので、ご紹介します。

妊婦さんの負担を軽減!細部までこだわるママのためのウォーターサーバー

妊婦さんにおすすめするウォーターサーバーの特徴を記載します。

  • ボトルの交換時に高い位置まで運ぶ必要がないもの
  • 水を出す際に「かがむ」必要がいらない設計のもの
  • お子様がいらっしゃるご家庭に特に人気の高い「チャイルドロック機能」がついているもの

上記の機能がついていれば、妊婦さんの強い味方となってくれますね。

おすすめの製品が気になるという方は、こちらで詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

関連記事

妊娠や出産のタイミングでウォーターサーバーの使用を考える方が多いようです。 その理由は赤ちゃんの健康や、ミルクを作る際の便利さを考えてのことでしょう。 今回はママ目線で、子育て中の方に人気のコスモウォーターとフレシャスを比較しました。 […]

コスモウォーターとフレシャス

産まれてくるお子様の健康的な成長にも大いに貢献

ウォーターサーバーを活用することによって、好きなタイミングでいつでもミネラルウォーターを飲むことができる点は非常に魅力的ですね。

しかし、筆者はそれ以上に「産まれてくるお子様の健康管理に大きく役立つ」アイテムであると考えています。

お子様が産まれてからも「栄養価の高いもの」を食べさせてあげたいですよね?

不要物のないミネラルウォーターを飲む、食事に取り入れることは健康的な発育にも貢献し、あなた自身の健康もサポートしてくれます。

ウォーターサーバーを取り入れることで家族全員の健康を考える、とても素敵なことだとは思いませんか?

まとめ

妊婦さんにおすすめのミネラルウォーターの活用術、レシピをご紹介しました。

筆者の主張をまとめます。

  • 水道水と比較して栄養素の高いミネラルウォーターを日常生活に取り入れることで、ママと胎児の健康に役立つ
  • 飲用水としてだけでなく、ミネラルウォーターを食事に活用することで食材本来の味を引き出し旨味がアップ!
  • 妊婦さんにもおすすめの工夫されたウォーターサーバーを活用することで、家族全員の健康を守ることができる

上記を踏まえて、母子ともに健康的な毎日をお過ごしください。

キッチンに立つ妊婦
最新情報をチェックしよう!