様々なウォーターサーバーを実際に試して、比較しました。ウォーターサーバー選びに是非ご参考ください。
ペアグラス

二人暮らしこそウォーターサーバーを導入すべき!暮らしが便利になるサーバーのススメ

「二人暮らしで忙しいのでもっと生活を便利にしたいけど、お互いの健康のために何か新しい事も始めたい。」
そんな考えをお持ちの方に、ウォーターサーバーの導入をおすすめします。

ウォーターサーバーを導入すると、

  • 時短になる
  • ごみの量が減る
  • 健康効果がある

というメリットがあり、二人暮らしの方はよりその便利さを実感できると言えます。

今回は二人暮らしの場合のウォーターサーバーを使うコスト、メリットとデメリットをまとめましたので、「もう少し便利に、快適に暮らしたい」と感じている二人暮らし世帯の方はぜひご覧下さい。

二人暮らしでウォーターサーバーを使った場合のコストは?

まずは、ウォーターサーバーの維持にかかるコストを考えましょう。
ウォーターサーバーはたくさん使った方がお得になると考えている方が多いので、二人だけで使うとなると損をしてしまうのでは、と思うかもしれません。
二人暮らしでも損せずウォーターサーバーを使うためには、契約の前に賢く選ぶ必要があります。
そのポイントを見てみましょう。

ウォーターサーバーにかかる一般的なコスト

ウォーターサーバーの維持のためには、基本的に以下のコストがかかります。

  • サーバーレンタル代 月々1,000円~
  • サーバーメンテナンス代 月々500円~
  • 水代 1200~1500円/12Lボトル
  • 電気代 月々800円~

これ以外に事務手数料や水の配送料などもありますが、それらはサービスで無料にしているメーカーがほとんどです。

さらにサーバーのレンタル代も機能により値段が異なり、無料でレンタルできるサーバーもあります。
メンテナンスについてはオプション機能として保証をつけられたり、無料メンテナンスのサービスがついている場合などがあります。契約前にメーカーに確認しましょう。
最新サーバーですと、内部で自動クリーニングをする機能がついており、定期的なメンテナンスの必要がないため便利です。

メーカーやサーバーを適切に選ぶ事で、月々にかかるコストを最低限にする事ができるという事ですね。

関連記事

ウォーターサーバーを設置するかどうか検討の際、気になるのが毎月かかる電気代です。 ウォータサーバーは床置型になると、かなりの大きさがあるので、その大きさから「相当電気代が高いのでは?」と思われている人もたくさんいます。 では、実[…]

積み木

サーバー自体にかかるコストに加えて、水の代金があります。
ほとんどのメーカーが、その月に使ったボトルの数に応じて代金を請求するシステムを採用しています。

クリクラ」によりますと、一人当たりの平均的な水の使用量は約20L/月だそうです。
そのため、水の使用量を考える際には20L×人数分でコストの目安を知る事ができます。

ではすべてを総合すると、二人暮らしの場合にはどれほどのコストがかかるのでしょうか。

二人暮らしの場合にかかるコスト

上記にてウォーターサーバー維持にかかる費用の目安は、月々2,500~3,000円程度でした。

加えて水代として、20L×2人分で40L/月が必要となり、12Lあたり1,200円だった場合の値段は3,600円程度(3本分)です。
合わせて7,000円程度になりますね。

しかしこの値段は、サーバーや水の使用量により大きく異なるので注意して下さい。

二人暮らしでも損しないウォーターサーバーの選び方

二人暮らしの場合注意すべきなのが、水の購入ノルマです。

共働きの二人暮らしの場合、家にほとんどいないため水の使用量が少なく、メーカーの定める最低購入量を満たせない場合があります。

購入数が少ないとペナルティを払わなければならない可能性もあるので、最低購入数については契約前にしっかり確認しておきましょう。

多くのメーカーには「月々の購入ノルマ」はありませんが、2カ月間注文がない場合、1,000円程度のペナルティが課される事があります。

例として、「クリクラ」はサーバーのレンタル料金が基本無料なのですが、「3カ月の利用本数が6本未満」の場合にはサーバーレンタル代(1,100円/月)を支払う必要が生じます。

また「ハワイウォーター」は3カ月の購入本数が「3ガロンボトル(11.4L程度)4本か、2ガロンボトル(7.6L程度)6本」未満の場合には、事務手数料として800円支払う必要が生じます。

前述の使用量の目安を考えると、ペナルティが生じるのは極端に水の使用量が少なかった時だけだとわかります。

しかし、共働きでほとんど家にいない場合や、出張や旅行が続いて家を空ける事が多い場合など、水を使用しない月が続いてしまうとペナルティを払う事になるかもしれません。
水の使用量が少ない事がわかっているならば、なるべくペナルティがない、あるいは金額が少ないメーカーを選びましょう。

関連記事

ウォーターサーバーを契約する際に注意しなければならないポイントがあります。 それは「お水のノルマ」です。 「え?ウォーターサーバーにノルマなんてあるの?」と思われたかもしれませんが、「ノルマ」を知っておかなければ後々「失敗した」というこ[…]

ウォーターサーバーのノルマ

ウォーターサーバーで二人暮らしが便利になる理由・メリット

ウォーターサーバーは、共働きで毎日忙しく過ごしている二人の生活を支える頼れるアイテムです。
毎日の生活が少し便利になり、気持ちに余裕ができるためお互いのためにとれる時間も多くなるでしょう。

また子どもが旅立ち、生活を簡素化させたいというご夫婦にもおすすめです。
ウォーターサーバー導入により、買い出しの手間が少なくなるなどのメリットがあります。

二人暮らしの世帯がウォーターサーバーを導入した場合のメリットをまとめましたので、ぜひ自分の生活スタイルに当てはめて考えてみて下さいね。

忙しい共働き世帯におすすめの理由・メリット

共働きの二人暮らし世帯の場合、戸建てよりもマンションなどでコンパクトな生活をしている事が多いかもしれません。
冷蔵庫などの家具も、二人暮らし用のサイズを選んでいる事でしょう。

ウォーターサーバーを置くと部屋が狭くなると考える方が多いですが、実はその反対で、部屋がすっきりと使いやすくなったいう意見が多いです。

その理由として、冷水・温水機能があるため、

  • 冷蔵庫に水を収納する必要がなく、広々と使える
  • 浄水ポットなどを置くスペースが必要なくなる
  • 電気ケトルを置く必要がなく、調理台が広くなる
  • ヤカンを使う必要がなく、コンロまわりがすっきりする

といったメリットがあります。

ウォーターサーバー自体のスペースは必要になるわけですが、スリムタイプのサーバーならばA4用紙1枚分の大きさのスペースがあれば設置が可能です。
また卓上タイプのサーバーもあるので、キッチンだけでなく寝室等に置くのにおすすめです。

忙しく働く共働きの方の場合、ペットボトルのミネラルウォーターを買いに行く暇がない、という事もあるでしょう。

買い置きがなくて水道水でコーヒーや紅茶を淹れたりすると、味が違うので気分が落ちてしまうという人も多いです。

さらにペットボトルを常に購入していると、ごみ捨てが負担になります。
二人分の飲料水分のペットボトルを毎週捨てるとなると、時間と手間がかかりますし、そのペットボトルごみを保管しておくスペースも必要となります。

ウォーターサーバーを導入すれば、毎回ミネラルウォーターを買いに行く必要もなく、買い忘れてイライラしてしまうという事態も起こりません。
ボトルは業者が回収してくれるか、家庭ごみとして捨てる事ができます。

ボトルの保管場所がない、という場合には、畳んで捨てる事のできる「ウォーターパック」を採用しているウォーターサーバーがおすすめです。
回収日にボトルを出しておく必要もなく、かさばらずに捨てる事ができるのでごみの削減にもなります。

関連記事

ウォーターサーバーを契約する前に、必ずチェックしなければならないのが水ボトルの違いです。 ウォーターサーバーの水ボトルにはワンウェイ方式とリターナブル方式があり、大きな違いは配送方法です。 また、ワンウェイ方式とリターナブル方式とでは配[…]

共働きの場合、朝は常に忙しく朝食の用意も大変ですよね。
ウォーターサーバーのお湯機能を使えば、待ち時間なしですぐにコーヒーを淹れる事が可能です。

お湯機能は、急な来客時などにも便利と好評です。
さらに疲れて帰って来た時のお湯割りや、美味しい水割りにもウォーターサーバーが役立つでしょう。
朝から夜まで、ちょっと生活が便利になるだけで、生活にゆとりが生まれるのがわかりますね。

最後に、ウォーターサーバーを導入すると水分補給のクセがつき、「隠れ水分不足」を避ける事ができます。
成人に必要な水の量は、1日あたり1.5lと言われています。
しかし実際にその量を毎日飲むのは、なかなか難しいものです。
そこでおすすめしたいのが、ウォーターサーバーです。
導入した人の多くは、
「いつも目に入り、手の届くところにサーバーがあるので水を飲む習慣がついた」
「水が美味しいので、いつも飲みたいと思えた」
と、水を飲む習慣がつくようになったと語っています。

水分不足は血行不良に繋がり万病のもととなるだけでなく、細胞も水分不足になるためたるみ、シワなどの原因にもなります。
忙しい毎日を送っているからこそ、何か健康に役立つ習慣を始めたいと思っているあなた。
ぜひウオーターサーバーを取り入れて、便利かつ健康的な生活を始めませんか?

関連記事

水道水や井戸水を飲んでいた時代とは違い、ペットボトルや浄水器、ウォーターサーバーなどの水を利用するようになってきました。 その理由は、 [boxB] 健康にいい水を飲みたい 美容効果のある水がいい 安全性の高い[…]

水を飲む女性

定年後の二人暮らし世帯におすすめの理由・メリット

忙しい共働き世代だけでなく、定年後の二人暮らし世帯の方にもウォーターサーバーがおすすめです。

まず、前述と同じくペットボトルの買い出し、搬入、ごみ捨ての手間がなくなります。
これらの手間がなくなるだけでも、時間的・身体的な負担が軽くなり、生活が簡素化されます。

ウォーターサーバーのお湯は80℃~90℃で、日本茶を淹れるのにも最適な温度と言われています。
「今だからこそ、水の味にこだわった美味しいお茶が飲みたい」と思っている中高年の方がウォーターサーバーを始める、というケースも多いようです。

さらに中高年の方にこそ、毎日の充分な水分補給が必要と言われています。
水分が不足すると血管が硬くなり、動脈硬化等のリスクが高くなってしまいます。
天然水を使用するウォーターサーバーを選ぶならば、天然のミネラルを毎日ふんだんに摂取する事ができ、食事で難しい栄養補給が可能になります。

関連記事

最近はウォーターサーバーをインテリアの一環として取り入れる方が増えていますが、その一方で高齢者の中にもウォーターサーバーを新たに契約する方が増加しているようです。 中には、 「両親にウォーターサーバーをプレゼントしたい」 「生活の[…]

高齢者夫婦

さらに、災害時の備えとしてウォーターサーバーを導入する人もいるようです。
災害時に停電しても使えるサーバーを選ぶと、セットしてあるボトルはそのまま使用する事ができます。
また常に予備のボトルがあるはずなので、予備のボトルを断水時の備えとして活用する事もできます。

最近生活スタイルが変わった、と感じる方にこそ、ウォーターサーバーを導入してより便利で快適な暮らしを始めて頂ければと思います。

二人暮らしでウォーターサーバーを契約する際の注意点・デメリット

ここからは、二人暮らし世帯でウォーターサーバーの契約をした場合のデメリットを見てみましょう。
契約の前に確認すべきポイントをまとめましたので、導入を考えている方はぜひお読み下さい。

二人暮らしゆえのウォーターサーバー契約時の注意点・デメリット

ウォーターサーバーを導入する際、二人暮らしゆえにデメリットとなるのは忙しいゆえに配送のタイミングが合いづらい事と、水の使用量が少ないゆえノルマを達成できない可能性がある事です。

二人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ際にチェックすべきなのは、

  • ボトルの受け取りは休日・祝日も可か
  • ボトルの回収方法
  • 時間指定等が24時間申し込み可能か
  • サーバーの大きさは部屋の大きさに合っているか
  • 購入ノルマ等はないか

という点です。

共働きの方の場合、ボトルの受け取りや回収がスムーズにできるかどうかが重要なポイントとなります。

忙しくて家を空ける時間が長い分、「平日のみ配送」という場合には受け取りがスムーズにできなかったり、ボトルを長時間外に放置してしまう事になります。
真夏などはボトルを外に長時間置いておくと、水が痛んでしまうため危険です。

さらにボトル回収日が決まっていて、その日にボトルを出しておかなければならないという場合もあります。
大きいボトルを玄関先に出しておく、とうい作業は忙しい人にとってストレスとなるようです。

他にも、二人暮らしの部屋の大きさに合わせたサーバーを、使用量に合わせたプランを提供しているメーカーの中から選ぶ必要があります。
契約する前に置く場所や水の使用量について決めておかないと、結局合わなかったので解約する事になり、解約金を支払う事にかもしれません。

契約の前には、二人暮らしの方向けに休日や祝日も水の配送を行なっており、ネット上で簡単に日時指定等を行なう事ができ、ノルマがなく少ない使用量でもOKなメーカーを選びましょう。

関連記事

アルピナウォーターは業界でもトップクラスの超ローコストで、水の消費が激しいご家庭に高い評価を得ています。 またローコストというだけではなく、健康や美容に良いとされる水素水も飲むことができるため、幅広い年代から支持を得ています。 では[…]

アルピナウォーター

まとめ

ウォーターサーバーは大家族のものと思われがちですが、実は二人暮らしの方にこそおすすめのアイテムです。
忙しく過ごす共働きの世帯、また定年後により便利な暮らしを求める世帯の生活を少し便利に、過ごしやすくしてくれる機能が備わっています。
「今より少し便利で、健康的な生活を手に入れたい」そんな方はぜひ、ウォーターサーバーを導入してその快適さを実感してみて下さい。

ペアグラス
最新情報をチェックしよう!