様々なウォーターサーバーを実際に試して、比較しました。ウォーターサーバー選びに是非ご参考ください。
グラスに注いだ水

RO水サーバーのメリットとは?選ばれる理由とおすすめメーカーを紹介!

ウォーターサーバーのお水には「RO水」と「天然水」があることをご存じでしょうか?
実はウォーターサーバーを長年使っている方の中には、あえてRO水のサーバーを選んで使い続けている方が多いようです。
さらに新規契約する方も、「メリットとデメリットを調べた結果、RO水のものにした」という方がいます。

RO水を選ぶ方が多いのはなぜか、両者のメリットとデメリットを調べて比べてみました。
さらにRO水を契約する場合のおすすめメーカーもご紹介しますので、ぜひご覧ください!

RO水とは?天然水との違いについて

頬杖をつく女性そもそもウォーターサーバーのお水に種類があることを知らなかった方も多いのではないでしょうか。
RO水と天然水はどのように分けられているのか、簡単にまとめてみました。

RO水とは

RO水とは、RO膜という特殊な膜でろ過処理された水のことを指します。
Reverse Osmosis Membraneの頭文字をとった略語で、逆浸透膜とも呼ばれます。
RO膜はほとんど水分子しか通さない超極小の穴が多数開いているため、ろ過後の水は不純物がほぼ取り除かれた純水になります。

RO水の原料には、天然水や水道水が使用されます。
しかしどの水が使用されたとしても、RO膜によりろ過された際に水分子以外が除去されるため、味や栄養素にはあまり変わりがありません。

天然水とは

天然水とは、農林水産省が出している「品質表示ガイドライン」にて「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」の条件を満たしているもののみを指します。
それ以外の水が「天然水」と表示することは許されていません。

原料になる水の条件は

  • 特定水源より採水された地下水
  • 特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留中または移動中に地層中の無機塩類が溶解したもの

となっています。

さらに、

  • ろ過、沈殿および加熱殺菌以外の処理を行なってはならない

とあります。

つまり、農林水産省が認めた水源から採られ、必要最低限の処理をした水のみが「天然水」として販売されているのです。

関連記事

ウォーターサーバーで使えるお水にはRO水と天然水の2種類があります。 RO水は不純物や雑菌だけではなく、ミネラル成分も除去してしまうため純水と呼ばれる水になり、お水の味がほとんどありません。 そのため、メーカーによってはミネラル成分[…]

北アルプスイメージ

RO水と天然水とでは、原料となる水も、処理の仕方も異なることがわかりましたね。
ここからは、両者のメリットとデメリットをさらに詳しく調べたいと思います。

RO水のメリット・デメリット

水面「何となくイメージが良い」という理由で「天然水」を選ぶ方もいますが、実はRO水にも知られざるメリットがあります。
リピーターが多い理由と、選ぶ前に知っておきたいデメリットをまとめました。

RO水にしかないメリット

  • 品質が一定
  • 美味しさ、栄養素が調整されている
  • 比較的値段が安い

RO水のメリットは、一定の品質と味を保っているため安心できる点コストパフォーマンスが良い点です。
天然水の場合は採水地の状態や自然環境の変化により水の成分・味に変化が生じます。
RO水であればろ過後に加える成分が一定であり、味や成分も常に一定であるため毎日安心して水を飲むことができます。

RO水はRO膜にてろ過した後に、ミネラル等を加えて調味を行なっています。
そのため日本人好みの飲みやすい味になっており、料理にも使いやすい万人受けするのがメリットです。

多くのRO水は、4大ミネラル成分と言われる

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • ナトリウム

をバランス良く配合しています。

天然水はミネラル成分が多く硬度が高い傾向があるのですが、日本人は軟水を飲んで育っているため飲みにくく感じる場合があります。
その点RO水は癖がなく、お茶やコーヒー等に使うのにも適しています。
必要な栄養素を、美味しいと感じる程度に配合することができるという点で天然水より優れているのです。
それでいて価格は比較的安いので、コストパフォーマンスが良いですね。

RO水を使うデメリット

  • マイナスイメージが強い
  • ミネラル等の含有度が低い
  • 原料が水道水の場合もある

RO水はマイナスイメージが強く、何となく敬遠している方もいるのではないでしょうか。
その理由に、水道水が原料となっている場合があることが挙げられます。
原料が水道水の場合でもろ過の際に不純物はすべて取り除かれるわけですが、気になる方は原料を調べて天然水を原料としているものを選びましょう。

天然水の場合、自然の恵みであるミネラルやマグネシウム等をふんだんに摂取することができます。
RO水も栄養素を添加しているものの、多くの場合天然水よりも配合度は低く、得られる健康効果や美容効果も少ないかもしれません。

ポイント
RO水のメリットは品質や味が一定でコストパフォーマンスが良いこと、デメリットは栄養素や健康効果において天然水より低い場合が多いことです。

天然水のメリット・デメリット

天然水今まで天然水を飲んでいた方が、RO水サーバーに乗り換える場合もあるようです。
RO水と比べた時の、天然水のメリットとデメリットを考えてみました。

天然水にしかないメリット

  • 自然のミネラル等を摂取できる
  • 美容効果、健康効果が高い

天然水のメリットと言えば、やはり豊富な栄養素を摂取できるという点です。
4大ミネラルはもちろんのこと、採水地によっては

  • バナジウム
  • 亜鉛
  • シリカ

など注目されている栄養素をふんだんに含む水を飲む事ができます。
RO水は万人受けする味なのに対し、天然水は採水地により変わる個性のある味をしていますので、お気に入りの味の水があれば他の水は飲めなくなるでしょう。

天然水を使うデメリット

  • 環境汚染の影響がある
  • 採水地による味の違いがある
  • 比較的値段が高い

天然水は処理を最低限にすることで、自然の豊富な恵みをそのまま届ける工夫をしています。
しかしその分、環境の変化の影響を受けやすいというデメリットもあるのです。
天然水には農産物の肥料が原因となり、化学成分が含まれる可能性があります。

基準値以上の化学成分が含まれることはありませんが、赤ちゃんを育てている方などは少しの値でも気になりますよね。

さらに天然水は栄養素が高い分、採水地による味の違いが大きいです。
契約後に「味が口に合わない」と感じるかもしれませんね。
ウォーターサーバーを契約する前には、可能な場合はお試しをすることをおすすめします。

ここに見出しテキスト
天然水は味や栄養素にこだわりがある方におすすめです。
反対に、使いやすさやコストパフォーマンスの良さ、続けやすさを重視しているならばRO水がおすすめです。

どんな人にRO水がおすすめ?タイプ別に見るおすすめの水の選び方

悩む女性RO水と天然水それぞれの特徴を比較しましたが、ここからは年齢やニーズを考えて、RO水と天然水どちらがおすすめと言えるかを考えたいと思います。
あなたのご家庭で使うならどちらかを考えながらご覧ください。

赤ちゃんにおすすめなのは?

赤ちゃんまず、赤ちゃんはミネラル含有量が多い硬水を飲むとお腹を壊してしまう可能性があります。
ミルクを作る際には軟水を使いましょう。

軟水の中でも、品質が安定し衛生的にも安心できるRO水がおすすめです。
RO水は癖がないので、小さいお子さんでも飲みやすく子育て中の方からも選ばれています。

関連記事

赤ちゃんが生まれると家庭が一気に華やぎ、忙しい毎日に追われていきます。 子育てをする嬉しさや感動もありますが、やはり長期戦になるためママの疲労もたまってきます。 特に赤ちゃんの授乳やミルク作りは毎日数回行うため、忙しいママにとっては[…]

ミルクを飲む赤ちゃん

高齢者におすすめなのは?

おばあちゃん高齢者も癖がなくまろやかな、飲みやすい水を好む傾向があります。
特別に摂取したい栄養素があるのでない限り、RO水の方が飲みやすくおすすめです。
契約の際には、和食やお茶に適した柔らかい飲み心地のお水を選ぶと良いでしょう。

関連記事

最近はウォーターサーバーをインテリアの一環として取り入れる方が増えていますが、その一方で高齢者の中にもウォーターサーバーを新たに契約する方が増加しているようです。 中には、 「両親にウォーターサーバーをプレゼントしたい」 「生活の[…]

高齢者夫婦

美容・健康を気にする方におすすめなのは?

髪型アイコンバナジウムやシリカなど、特定の栄養素を摂取するためにサーバー契約を考えているのであれば、天然水がおすすめです。
天然水のものであれば栄養素の配合量が豊富で、美容効果や健康効果が高いです。
ご希望の栄養素を含む水・メーカーを探し、味をチェックしてから契約することをおすすめします。

関連記事

成人の体の約60%が水分でできているため、水分をしっかりとることで健康に良い影響を及ぼすと言われています。 実際、水分をきちんと取れている人と取れていない人とでは血液の流れも違い、お水は健康面で大きな影響を与えていると言ってよいでしょう。[…]

お水と美容

味にこだわる方におすすめなのは?

水を飲む人RO水がまろやかな飲みやすい味なのに対し、天然水はメーカーごとに味に大きな差があります。
味の好みがはっきりとしており、自分のこだわりに合う水を見つけたいと思っている方は天然水を飲み比べると良いかもしれません。

硬水はしゃっきりとした味わいで、エスプレッソなどに合うと言われています。
また水のPh値が高いととろみが増すので、飲みごたえがある水が好きな方向けです。
自分好みの究極の水を見つけたい方は、ぜひ採水地やPh値を見ながら検討してみてはいかがでしょうか。

RO水を選ぶなら!おすすめメーカーと特徴まとめ

RO水にはデメリットもありますが、基本的に味・価格ともに満足度が高く続けやすいと言えます。
ウォーターサーバーの契約を検討している方向けに、RO水を採用しているおすすめメーカーをご紹介したいと思います。
現在すでにサーバーを使用している方も、ご自分のサーバーとコストパフォーマンス等を比較しながら見て下さいね。

天然水が原料のRO水なら「アルピナウォーター」

アルピナウォーターアルピナウォーターは長野県の北アルプスから採水した水をRO膜にて処理したRO水です。
RO水の安心と天然水の持つ自然の恵みの、両方を楽しむことができるのが特徴ですね。
「水道水が原料のRO水に抵抗がある」という方におすすめです。

アルピナウォーターはRO水サーバーの中でも特に価格が安く、12Lボトル1本の値段は1,050円です。
500mlあたり48.3円とリーズナブルなので、オフィスや待合室など大勢の方が利用する場所に置くのにおすすめです。

関連記事

アルピナウォーターは業界でもトップクラスの超ローコストで、水の消費が激しいご家庭に高い評価を得ています。 またローコストというだけではなく、健康や美容に良いとされる水素水も飲むことができるため、幅広い年代から支持を得ています。 では[…]

アルピナウォーター

満足度で選ぶなら「クリクラ」

クリクラクリクラは6年連続お客様満足度No.1を獲得しているメーカーです。(ライフメディア調べ 2017年1月)
サーバー、配送システム等がシンプルでわかりやすく、それゆえに長年使い続けるリピーターが多いメーカーです。
赤ちゃんにも飲みやすい軟水を使用しているだけでなく、「クリクラママ」など母親向けのサービスもあり、利用者が便利に使い続けることができるよう工夫されています。

価格は12Lボトル1本が1,460円とリーズナブルです。
長期間安心して使えるサーバーをお探しの方におすすめです。

関連記事

ウォーターサーバーといえばクリクラ! クレヨンしんちゃんのコマーシャルでお馴染みの、老舗ウォーターサーバー会社です。 新しいメーカーが次々に参入してくる中、それでもクリクラをずっと愛用している人が大勢います。 クリクラを使い続けるメリ[…]

クリクラ

美味しさで選ぶなら「アクアクララ」

アクアクララアクアクララのお水は、8年連続最高金賞を受賞しています。
味にこだわり4大ミネラルをバランスよく配合しているため、味が良いのでアクアクララにしたという方も多いです。
12Lボトル1本の価格は1,200円でリーズナブルなので、お値段的にも安心して使うことができます。

アクアクララはサーバーが多機能なので、最新サーバーを求めて契約する方も多いようです。
特にコーヒーマシンが一体型となった「アクアウィズ」は「ネスカフェ ドルチェ」で作る本格的なコーヒーをボタン操作ひとつで楽しむことができ、お水補充の手間などがないので人気です。

またグッドデザイン賞を受賞した「アクアファブ」はキューブ型のすっきりした見た目が人気で、ウォータートレイを収納型にするなど無駄を省いた作りをしているためスタイリッシュでどんなお部屋にも合います。


どれもRO水を使っているメーカーですが、それぞれ特徴があることがわかりましたね。
価格やサーバーのデザインなども使い続けるために大事な要素ですので、それぞれを比較検討してみると自分にぴったりのメーカーがわかるでしょう。

関連記事

アクアクララは、ほとんどの人が聞いた事がある有名な老舗ウォーターサーバーメーカーです。 歴史があるだけでなく、長年高い人気を維持している理由は、 ・料金体系がわかりやすい ・費用が安い ・会員のためのサービスが充実している と[…]

アクアクララ

まとめ

RO水は、

  • 品質が一定で安心
  • 味、栄養素が調整されておりいつでも美味しく飲める
  • リーズナブル

という点で天然水より優れています。

特に

  • コストパフォーマンスの良い水を求めている人
  • 赤ちゃんのミルク用に使いたい人
  • 全体的にバランスの良い、飽きの来ない水を探している人

におすすめです。

RO水にも天然水にもそれぞれのメリット・デメリットがありますので、それぞれの特徴を理解し家族に最適なお水を選びましょう。

グラスに注いだ水
最新情報をチェックしよう!