コラム

デュオミニのスカイグレー

条件別でおすすめしたい人気の卓上型ウォーターサーバー5選

「ウォーターサーバーを使ってみたいけれど、置き場所がない…」という人にぴったりなのが卓上型ウォーターサーバーです。
卓上型なら台があれば狭いスペースやキッチンカウンターなどにも置けますので、床置き型のように場所を確保する必要はありません。

ですが、卓上型にも様々な種類があり、自分がほしいウォーターサーバーがあるのかわからないという方もいるでしょう。

そこで、卓上型のウォーターサーバーを設置することでどれだけ便利なのか、また条件別でどのようなウォーターサーバーがあるのか、人気機種の中から厳選した5種をご紹介しましょう。

卓上型ウォーターサーバーは日常生活でどれくらい重宝する?

卓上型ウォーターサーバーは小型ですが、設置すれば日常生活がとてもラクになります。

ですが、卓上型ウォーターサーバーを置くことで、日常生活がどのように変わるのか想像できない人もいることでしょう。

そこで、便利と言われているウォーターサーバーを設置するとどのようなメリットがあるのか、またデメリットはないのかなど解説していきましょう。

卓上型ウォーターサーバーとペットボトル、置き場所に困らないのはどっち?

ウォーターサーバーVSペットボトル卓上型ウォーターサーバーは、キッチンカウンターやテーブルの上など台があればどこにでも置くことができます。
大きさがだいたい「幅300mm×奥行350mm」の物が多いので、このスペースがあればどこにでも設置することができます。

ポイント

ただし、壁と接する場所に置く時は、ウォーターサーバーの熱を逃がしたりコンセントのこともありますので、壁から10~15cmほどスペースを空けるようにしてください。

卓上型ウォーターサーバーは小型ですので持ち運びも可能ですから、お部屋の模様替えと一緒に移動することも可能です。

では、ペットボトルを置くとなるとどうでしょうか。
2リットルのお水のペットボトルは「幅100mm×奥行85mm」くらいですので、卓上型ウォーターサーバーを置くスペースがあれば6本くらいは置けます。

ただし、ペットボトルを6本となると1ケースで購入する人が多いと思いますが、段ボールのゴミも増えます。

また、ペットボトルは基本冷蔵庫で保管となりますが、未開封なら冷暗所で常温保存する方もいるかと思います。
もちろん、冷蔵庫に6本入れるのは難しいかと思いますが、部屋にペットボトルが置いてあると生活感がでてしまいます。
冷蔵庫にペットボトルが1本あるだけでもスペースを取りますし、開封後は冷蔵保存でも早めに飲み切らなくてはなりません。

そう考えると、卓上型ウォーターサーバーの方が新鮮なお水を配達してくれますし、常温でもある程度もちますので使い勝手も良いでしょう。

赤ちゃんのミルク作りはポット・やかんとウォーターサーバーどっちが便利?

ウォーターサーバーとやかん(電気ケトル)赤ちゃんが生まれると大きな喜びがある反面、育児も大変になります。
特に、夜中に泣く赤ちゃんのために眠い目をこすりながら毎晩ミルクを作るのは体力も精神力も必要です。
寒い冬場は特に夜中に起きてミルクと作るのは辛いですね。

できるだけ早くミルクをあげて寝たいと思う反面、やかんの場合はお水を沸騰させることから始まり人肌に冷ますまで時間がかかります。
また、ポットにしても沸騰させる必要がないとはいえ、人肌に冷まさなければならないため、かなりの時間がかかります。

ですが、ウォーターサーバーがあれば、冷水と温水が使えますので人肌に冷やすまでの時間が短縮されますし、サーバーによっては温度調節ができるものもあります。
赤ちゃんのミルク作りに適している温度に設定できるものもありますので、夜中のミルク作りが格段にラクになりママの負担も軽減できます。

卓上型ウォーターサーバーのその他のメリットやデメリット

こうして説明を見てみると、卓上型ウォーターサーバーがあれば小さくても日常生活がラクになりそうです。

置き場所に関しては、限られたスペースを有効活用できますので床置き型より卓上型の方が扱いやすいですし、土台の高さを変えれば使用環境によって高さ調節もできます。

また、重量が軽く持って移動することもできますが、それでも重い場合はキッチンキャスターなどの上に置けば簡単に移動することができます。

ただし、卓上型ウォーターサーバーにもデメリットはあり、必ず土台のある場所に置かなければなりません。

床に直に置くと、お水の注ぎ口が床についてしまいますし、ホコリなども舞いやすいので不衛生になってしまいます。

また、床置き型に比べて卓上型の機種が少ないというのもデメリットかもしれません。
床置き型の方がデザインや大きさなど幅広く、床置きでほしいデザインがあっても卓上型では取り扱いがないということもあります。

ですが、最近では卓上型も増えてきていますので、ここからはおすすめの卓上型サーバーの解説をしていきましょう。

条件別で選ぶおすすめの卓上型ウォーターサーバー5選

先程お話ししましたように、床置き型にはほしいものがあっても卓上型では取り扱いがないということもあります。

このメーカーの卓上型が欲しいと思っても、床置き型しか取り扱っていないということもあるのです。

そこで、卓上型ウォーターサーバーの中でも人気があり使い勝手など総合的に見ておすすめの機種をご紹介します。

自分が求めているウォーターサーバーがきっとあると思いますので、条件別にご紹介していきましょう。

お部屋の雰囲気に合うおしゃれな「フレシャス デュオミニ」

フレシャスのデュオミニおしゃれと言えばダントツで人気が高いのが「フレシャス デュオミニ」です。
カラーは、スカイグレー・メタリックブラック・カッパーブラウンの3種類とミッフィーキャラクターのものがあります。

ミッフィー以外の3機種は全てメタリックになっているので高級感もありオシャレです。
和室でもマッチするカッパーブラウン、オフィスに置いても見劣りしないメタリックブラックなど、どんなお部屋にもマッチします。

お水は天然水1種類になりますが、4.7リットルパックですのでお水の入れ替えもラクラクです。

また、本体の重量が7.3kgと超軽量ですので移動も簡単にできます。

大きさは「幅290mm×奥行363mm×高さ1,125mm」となっています。

1回の配送は1箱(4.7リットルパック×4)となっており、1パック925円です。
この他、サーバーレンタル代が月額500円(3箱未満の場合レンタル料が必要)かかりますが、お水の配送料は無料です。

電気代は約490円ととても安いのでおすすめです。

機能としては、

  • 冷水・温水のチャイルドロック
  • 静音設計
  • UV-LED除菌機能
  • 省エネ機能

などが搭載されており、高機能・多機能ウォーターサーバーと言えます。

フレシャスデュオミニの他、フレシャスの「サイフォンプラス」も人気上位の卓上型サーバーです。

とにかく小さいサイズがいい!小型の卓上型ウォーターサーバー

卓上型のウォーターサーバーは元々小型ですが、さらに超小型と言われているのが、先ほどご紹介しました「フレシャス デュオミニ」です。

多くの卓上型ウォーターサーバーのサイズが「幅300mm×奥行350mm」くらいのものになっていますので、デュオミニの「幅250mm×奥行295mm」は超小型と言えます。

また、高さも470mmと低く、他社のウォーターサーバーの場合小さくても550mmくらいはありますし、卓上型なのに1,000mmを超えるものもあります。
デュオミニはかなり小さくコンパクトなサイズとなっています。

能力や機能などは先ほどご紹介しましたので、ここでは大きさのみをピックアップしてみました。

毎月のコストが心配…料金が安い「クリクラ 省エネサーバーS」

クリクラの省エネサーバーウォーターサーバーを使ってみたいけれど、毎月のコストが心配という方にはクリクラの「省エネサーバーS」がおすすめです。

ミネラルを配合したRO水のため、お水代が12リットルで1,250円と格安です。
6リットルのものもあり800円で購入できますし、電気代も約524円と毎月のコストをかなり節約できます。

安心サポート料ということでサーバー代が毎月417円かかりますが、初回のサーバー設置はスタッフが全て行ってくれます。
リターナブル方式というボトルを回収する方式ですのでゴミも出ません。

注文ノルマは、月に換算すると12リットル2本で、トータル3ヵ月に6本注文していれば問題ありません。
3ヵ月に6本未満の場合は月に1,000円必要となります。
ただし、6リットルの場合は月に3本で3ヵ月で9本の注文がノルマとなります。

サイズは幅270mm×奥行452mm×高さ538mmですので、少し奥行が長いですが、高さ的にはちょうど良いかと思います。

また、温水チャイルドロックは常備されており冷水も希望すれば付けることができます。
省エネタイプなのですが、クリーン機能が搭載されていませんので、かならずメーカーのメンテナンスを受ける必要があります。

天然水でコストを抑えたい場合は「アクアセレクトライフ」

アクアセレクトライフ天然水で安いものがよい場合は、「アクアセレクトライフ」がおすすめです。
カラーバリエーションも5色と多く、加熱クリーンシステム・チャイルドロックを搭載しています。
省エネ機能が搭載されていないため、電気代は月に約800円ほどかかりますが、12リットルの天然水が1本1,223円で購入できるので格安です。

ただし、注文ノルマが3本ですので単身世帯には厳しいかもしれません。

使い勝手が良いのが一番!利便性が高い「フレシャス サイフォンプラス」

サイフォンプラスショート使い勝手が良い卓上型ウォーターサーバーということで、2つの機種が人気です。
1つは先ほどご紹介しました「フレシャス デュオミニ」ですので、今回はもう1つの人気機種「フレシャス サイフォンプラスショート」をご紹介しましょう。

サイフォンプラスショートはデュオミニと同じく7.2リットルパックを採用しており、女性でも楽にパックの交換ができます。

カラーバリエーションもピンク、ホワイト、グレーの3色あり落ち着いた雰囲気のあるウォーターサーバーです。

高機能・多機能ということで、UV-LEDクリーン機能が搭載されている他、省エネ機能(SLEEP機能)や温水・冷水のチャイルドロックもついています。
ボタン一つで機能を使えるため使い勝手が良く、冷水と温水にチャイルドロックがついているのも魅力です。

サイズは幅300mm×奥行340mm×高さ775mmですので、若干高さは気になりますが、苦痛を感じるような高さではありません。

注文ノルマは1箱(7.2リットルパック×4)で、1パック1,155円~となっています。
ただし、1か月購入を停止でき、2か月以上停止してしまうと2か月目から月に1,000円の手数料がかかります。

サーバー代は基本無料ですが、お水の購入がない月だけ300円かかります。

電気代も約680円とお手頃な価格ではないでしょうか。

注文ノルマが心配…そんな時は注文ノルマがない卓上型ウォーターサーバー

卓上型ウォーターサーバーを選ぶ方の多くは、単身世帯や少人数世帯の方だと思います。
そこで気になるのが注文ノルマです。

これまでご紹介してきた卓上型ウォーターサーバーには注文ノルマがありました。
ですが、卓上型でも注文ノルマがないものもありますのでご紹介しておきましょう。

アクアクララのアクアスリムSそれは「アクアクララ アクアスリムS」です。
12リットルと7リットルの水ボトルを選ぶことができ、ミネラル添加のRO水のため12リットルでも1,200円と格安です。(7リットルの場合は900円)

注文ノルマがないので安心ですが、クリーン機能と省エネ機能が搭載されていないため、定期的なメンテナンスは必要ですし、電気代が月額1,000円ほどかかります。

その他、サーバー代として月に1,000円かかりますが配送料は基本的に無料です。

サイズは幅272mm×奥行420mm×高さ756mmとなっており、チャイルドロックは搭載されています。

卓上型ウォーターサーバーも個性が色々!自分の条件に合うものを選ぼう

ウォーターサーバーは一度設置すると契約期間があります。
メーカーによって違いますが、多くは2年契約となっていますので、最低でも2年は使い続けることになります。

長い期間になりますので、自分がウォーターサーバーに求めている機能を果たせていなければ使い続けることができず中途解約になる可能性もあります。
契約期間中に解約すると解約手数料ということで5,000円~20,000円の追加料金が必要になってしまうのです。

ですので、ウォーターサーバーを選ぶ時は、まず自分が一番使いたい条件をクリアできているのかを考えましょう。
その条件をクリアしていれば、あとはオプションや機能などで選んでいくと自分好みの卓上型ウォーターサーバーを手に入れることができるでしょう。

関連記事

  1. ウォーターサーバーのワンウェイ方式とリターナブル方式の差

  2. 水とメジャー

    その「お水ダイエット」合ってる?正しい方法で効果を出そう

  3. 積み木

    ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?人気メーカー徹底比較

  4. ウォーターサーバーのお水の種類は?硬度や用途を徹底比較

  5. ウォーターサーバーを使用中

    ウォーターサーバーにはこんなに便利な使い方が!

  6. ボトルイメージ

    ウォーターサーバーのボトルを比較!ボトル不要のサーバーもある?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP