コラム

北アルプスイメージ

天然水ウォーターサーバーの銘柄完全比較!天然水特有の特徴

ウォーターサーバーで使えるお水にはRO水天然水の2種類があります。
RO水は不純物や雑菌だけではなく、ミネラル成分も除去してしまうため純水と呼ばれる水になり、お水の味がほとんどありません。

そのため、メーカーによってはミネラル成分を人工的に添加してお水を飲みやすくしています。

ですが、人工的にミネラル成分を添加するのではなく、天然のお水を美味しく飲みたいという方もいるでしょう。

そんな方はウォーターサーバーの天然水がおすすめです。
ウォーターサーバーに使われている天然水は、採取地で汲んできたお水から不純物や雑菌などを除去して、天然成分はそのまま残っています

そのため、天然水の採取地によってお水の味も変わってくるのです。
ただ、ウォーターサーバーに使われている天然水はたくさんあり、どれがいいのかわからないと思います。

そこで、ウォーターサーバーに使われる天然水の特徴や価格、RO水や水道水との違いなどをまとめてみました。

どの天然水を選びたいか、楽しみながら読み進めていただければと思います。

ウォーターサーバーに使われる天然水・RO水、普段使っている水道水の特徴

まずはウォーターサーバーに使われている天然水RO水との違いや特徴を解説していきます。
また、普段使っている水道水と天然水との違いについても比較していきつつ、天然水がどのような水なのか解説していきましょう。
色々な水

ウォーターサーバーに使われている天然水は、厚生労働省が認可している源水を採取し、安全に飲めるように加熱殺菌や濾過などの処理を行ったものです。
天然水の採取地として選ばれている源水は厳しい審査基準があり、ミネラル成分が豊富で水質の良い地域のものとなっています。

天然の地層を通って濾過されているため、元々きれいなお水ではあるのですが、細心の注意を払うため加熱殺菌濾過を行っているのです。

RO水と天然水は何が違う?特徴を比較

ウォーターサーバーで使われるお水にはRO水と天然水がありますが、この2種類のお水には決定的な違いがあります。

それは、RO水は「ミネラル成分」まで除去してしまうという点です。

RO水は、ROフィルターという特殊な膜に水を通過させるため、不純物や雑菌などはもちろん、分子の小さいミネラル成分まで除去してしまいます。

そのため、限りなくゼロに近いレベルまで不純物や雑菌などを除去することができ「真水」や「純水」と呼ばれています。

天然水に味があるのはミネラル成分によるものですので、RO水は味がなく決しておいしいとは言えません

そのため、メーカーによっては人工的にミネラル成分を添加して飲みやすくしているところもあります。

RO水より天然水を選ぶという人は、天然の美味しい水を飲みたいという意見が多く、RO水にはないおいしさを味わえるのが天然水なのです。

天然水と水道水は全く違う!サーバーに使われる天然水との決定的な違い

では次に天然水水道水を比較してみましょう。
まず、天然水と水道水の違いは水源が挙げられます。

天然水は厚生労働省が認可している水源で採取されているものに限りますが、水道水は水量が豊富な表流水や伏流水、地下水などが利用されています。

また、天然水の場合は異なった水源のお水を混合してはいけないのですが、水道水は複数の水源のお水を混合しても問題ありません。

そして水道水と天然水の最も大きな違いは源水を採取したあとの処理方法です。
ウォーターサーバーに使われている天然水は安全に飲めるように濾過や加熱殺菌処理をしていますが、水道水はさらに様々な処理が行われています。

基本的には「急速濾過・緩速濾過・膜ろ過・消毒」を行い、これらの浄水行程の中で塩素化合物を使い微生物やウイルス、雑菌などを除去しています。

日本の水道法では、安全に水が飲めるように給水口まで塩素が残留する必要があるため、水道水を直接飲むとカルキ臭や塩素臭がします。

天然水は濾過・加熱殺菌による処理だけですが、不純物や雑菌、ウイルスの除去もきちんとできています。
一方水道水は塩素でウイルスや雑菌を殺菌するため、味を比べると天然水の方がおいしいと感じます。
美味しい天然水

ウォーターサーバーに使われる天然水の銘柄別比較

天然水はRO水や水道水より美味しいと感じる人が多く、ウォーターサーバーで天然水が多く選ばれているのもそのためでしょう。

ですが、ウォーターサーバーを取り扱っている会社は50社以上あり、天然水の扱いに至っては80銘柄以上に及びます。

これだけある銘柄の中から自分のお気に入りを探そうとすると大変だと思いますので、こちらで優秀な天然水をピックアップしました。

価格やボトルサイズ、方式なども解説していきますので、自分に合った美味しい天然水を探し出してみましょう。

料金もおいしさもダントツ人気!「富士桜命水」

富士桜命水
富士桜命水は、富士山を源水とした天然水です。
採水地は富士山の麓にある「富士河口湖町」で、バナジウムなどのミネラル成分が豊富に含まれています。

  • ボトルの大きさと金額:12リットル=1,296円、8リットル=972円
  • 配送エリア:日本全国(送料が有料の地域あり)
  • サーバーレンタル料:720円/月(メンテナンス費用含む)
  • 水の注文単位:12リットル・8リットル(それぞれ2本から)
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):富士観光開発グループ

日本名水百選を源泉とした「箱島湧水」

箱島湧水

箱島湧水は日本名水百選に指定されている、群馬県榛名山麓を源泉としています。
豊かな森に恵まれた榛名山麓で16年かけて天然の大地に濾過され湧き出した水は、ミネラル成分豊富で飲みやすい軟水です。

  • ボトルの大きさと金額:11.35リットル=1,404円
  • 配送エリア:大阪・神戸
  • サーバーレンタル料:1,080円/月
  • 水の注文単位:11.35リットル4本注文
  • ボトル方式:リターナブル方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):ガロンウォーターサービス

花崗岩層の深層地下水を利用した「雷山の水」

雷山の水
雷山の水は、福岡県糸島市にある花崗岩層から採取された深層地下水です。
花崗岩層には豊富なミネラルが含まれており、確認できているたけでも13種類以上あります。
雷山の周辺は厳しい環境保護を行っており、弱アルカリ性でミネラル成分たっぷりの美味しいお水を提供してくれます。

  • ボトルの大きさと金額:12リットル=1,512円
  • 配送エリア:九州、山口、広島、岡山、徳島、兵庫、大阪、愛知、岐阜
  • サーバーレンタル料:540円/月(メンテナンス費用含む)
  • 水の注文単位:12リットル2本から
  • 天然水の販売元(サーバー会社):さららいと

地下200mから汲み上げる大自然の恩恵を受けた「北アルプスの天然水」

北アルプスは長野県や新潟県など4県にまたがる日本を代表するアルプス地帯です。
標高3,000mを超える山々の雪解け水は花崗岩の隙間を長い年月をかけて濾過されています。

長い年月をかけて濾過された雪解け水は長野県大町市に湧き出し、この源水から採取されたお水が「北アルプスの天然水」です。
北アルプスの天然水

  • ボトルの大きさと金額:12リットル=1,512円
  • 配送エリア:沖縄や離島を除く日本全国
  • サーバーレンタル料:864円/月(メンテナンス費用含む)
  • 水の注文単位:12リットル2本から
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):AW・ウォーター

日本名水百選の里「忍野」で採取された「Mt.Fuji Springs富士忍野」

Mt.Fuji Springs富士忍野は日本名水百選の里と言われている忍野で採取された天然水です。
忍野は富士山の大地に濾過された湧水が噴出しており、加熱処理をせずに新鮮なままボトルに詰め込んでいますので、天然成分特有の甘さやおいしさが味わえます。
Mt.Fuji 富士忍野

  • ボトルの大きさと金額:12リットル=1,515円
  • 配送エリア:日本全国
  • サーバーレンタル料:買い取り
  • 水の注文単位:12リットル2本から
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):スパーク

石灰岩層に濾過された「秩父の天然水」

秩父の天然水は埼玉県秩父市の秩父多摩甲斐公園内にある荒川の源流が、広大な広葉樹林と石灰岩層に濾過された清流から採取されています。

舌触りがとても良い軟水で、天然水ならではのおいしさを持ちながら後味はすっきりとしている天然水です。

秩父の天然水

  • ボトルの大きさと金額:11リットル=1,404円
  • 配送エリア:日本全国(送料がかかる地域あり)
  • サーバーレンタル料:1,080円/月(メンテナンス費用含む)
  • 水の注文単位:11リットル2本から
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):ダスキン

日光の大自然がはぐくんだ炭酸ガスを含む「日光の雫」

日光の雫は、大自然が広がる日光山系で濾過された天然水で、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれています。
特徴的なのは炭酸ガスが含有されている点で、ミネラル成分とのバランスも絶妙です。
日光の雫

天然ミネラル成分が豊富ですので美味しさが引き立ち、炭酸ガスで後味がスッキリとした天然水です。

  • ボトルの大きさと金額:12リットル1,542円
  • 配送エリア:沖縄や離島を除く日本全国
  • サーバーレンタル料:無料/メンテナンス費用含む
  • 水の注文単位:12リットル2本から
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):ヘルシーウォーター

地下100mから汲み上げた「富士の宝物バナジウム63天然水」

富士山の北麓にある山梨県南都留郡鳴沢村が採水地で、標高950m地点から地下100mの天然水を汲み上げて採取したのが富士の宝物バナジウム63天然水です。
富士の宝物バナジウム63
富士山が育んだ豊富なミネラル成分を崩すことなく精密濾過し、自然の味をそのまま味わえるのが特徴です。
お水の味が日本人の味覚に合っているため、とてもまろやかで飲みやすく人気の高い天然水となっています。

  • ボトルの大きさと金額:12.5リットル=1,620円
  • 配送エリア:離島を除く日本全国(配送料が有料の地域あり)
  • サーバーレンタル料:540円/月、メンテナンス費用含む
  • 水の注文単位:12.5リットル2本から
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):ミツウロコ

ブナの森から湧き出る湧水を利用した超軟水「奥大山のおいしい水」

奥大山の美味しい水は鳥取県江府町にある、海抜1,200という高地のブナの森から湧き出した天然水を採取しています。
奥大山のおいしい水

熱による殺菌処理をしているため、ウイルスや細菌など小さな雑菌まで除去しています。
そのため赤ちゃんのミルクにも最適ですし、硬度12という超軟水ですので、和食の料理を作ると各段に味が良くなります。

  • ボトルの大きさと金額:12リットル1,566円
  • 配送エリア:沖縄や離島を除く日本全国
  • サーバーレンタル料:無料/メンテナンス費用含む
  • 水の注文単位:12リットルボトル2本から
  • ボトル方式:ワンウェイ方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):サンミネラル

富士山で採取される天然水で最も標高の高い地域で採取された「富士山の天然水」

富士山の天然水は山梨県富士河口湖町の標高1,030mという、富士山で採取されている天然水の中でも最も標高の高い地域で採取された天然水です。
富士山の天然水

採取された天然水は加熱による殺菌処理を行い無菌状態のクリーンルームでボトル詰めされています。

安全性やおいしさ、ミネラルバランスなど総合的に見て、とても高い評価を得ておりモンドセレクションでも金賞に輝いています。

  • ボトルの大きさと金額:12リットル=1,620円
  • 配送エリア:関東地方、中部地方、東北地方、近畿地方が主
  • サーバーレンタル料:500~700円/月、別途年間3,000円のメンテナンス費用
  • 水の注文単位:12リットル2本から
  • ボトル方式:リターナブル方式
  • 天然水の販売元(サーバー会社):マーキュロップ

天然水はそれぞれの地域で味が違う!飲み比べも楽しい

天然水には色々な種類があり、天然水だからこその味わいがあります。
基本的に1つのウォーターサーバーで1つの天然水を販売しているメーカーが多くなっていますが、1社で3~4種類の天然水を扱っているところもあります。

天然水の種類が多いと色々飲み比べができるので楽しみもありますね。

天然水の飲み比べ

天然水は全て同じではなく、それぞれ味が違いますので飲んでみたいと感じたものや自分に合ったお水を選ぶようにしましょう。

また、天然水によって価格もサーバーレンタル料も違いますから、毎月購入することが負担にならないように費用面もしっかり精査しましょう。

関連記事

  1. 掃除をする主婦

    ウォーターサーバーのメンテナンス費用は?自分でできる掃除方法

  2. デュオミニのスカイグレー

    条件別でおすすめしたい人気の卓上型ウォーターサーバー5選

  3. ボトルイメージ

    ウォーターサーバーのボトルを比較!ボトル不要のサーバーもある?

  4. 水の賞味期限

    ウォーターサーバーの賞味期限はどれくらい?色々な水との比較

  5. プレゼント

    キャンペーンを実施しているウォーターサーバー会社はどこ?

  6. おしゃれなキッチン

    ウォーターサーバーの置き場所を決める時は事前チェックを!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP