様々なウォーターサーバーを実際に試して、比較しました。ウォーターサーバー選びに是非ご参考ください。
給水機と猫

ペットにおすすめウォーターサーバーは?定番サーバーからアイデア新製品まで一気に紹介

人間だけでなく、ペットの健康を守るためにも水は大切です。
安心・安全な水を与える事は病気を防ぐ助けにもなりますし、美味しい水であれば以前よりよく水を飲むようになるかもしれません。

今回はペットに与える水を選ぶ際に覚えておくべきポイントと、おすすめのウォーターサーバーをまとめてみました。
「ペットボトルのペット用の水を購入するのと何が違うのか」といった疑問にも答えていますので、ぜひご覧下さい。

ペットの水を選ぶ時のポイント|ウォーターサーバーがいい理由

ペットにあげる水を選ぶ際には、表示欄に「軟水」と書かれたものを選ぶべきです。
そうでないと、反対にペットの健康トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
詳しく見てみましょう。

ペットのお腹に優しい「軟水」を選ぶ

ペットのためには、ミネラルの含有度が低い「軟水」を選ぶべきです。
水は含まれるミネラル含有度により「軟水」と「硬水」に分類されます。
硬水は人間にとってはミネラル不足解消のために効果的と言われていますが、ペットの内臓にとってはミネラル分が多すぎて分解しきれず、負担となってしまいます。
体内に分解しきれないミネラルが残り、尿路結石などが発生してしまう恐れもあるのです。

日本の水道水は軟水ですが、水道水には残留塩素などペットの健康を脅かす成分が含まれています。
そのためペットのための水を用意するなら、安全な水を購入する・あるいはウォーターサーバーを契約する事をおすすめします。

詳しくはこちらへ

関連記事

ペットはもはや家族の一員であり、ペットの健康のためにはペットフードやおやつなど口から入るものは全て安全なものを選びたいですよね。 ペットフードだけでなく「ペットにあげる水は何が最善なのだろう?」と思われる方も多いでしょう。 人間と同じく[…]

ペットボトルの水を飲むワンちゃん

ペットのための水を購入する際の注意点

それではペットのための軟水を用意する際には、ペットボトルで「ペット用」「軟水」と記載して販売されている水を購入するのと、ウォーターサーバーを導入するのとではどちらが良いのでしょうか。

「ペット用」としてペットショップやインターネット上で販売されているものは、軟水なので安心して購入できます。
最近はペットの健康を考える方のために、ペット用の「水素水」「アミノ酸入り飲料」「熱中症対策飲料」なども販売されていますね。
こうした特定の健康効果が得られる商品に関しては、ペットショップやインターネット上で購入する事をおすすめします。

しかしペットが普段飲む飲料水をすべてペットボトルで購入するとなると、かなりの手間がかかってしまう事でしょう。
小動物ならまだしも、ゴールデンレトリバーなどの大型のペットは、一日あたり人間と同量程度の水分を必要とします(1.5L程度)
その量のペットボトルを購入し運ぶのも大変ですが、保管しておくスペースを取るのも大変でしょう。
さらにペットボトルごみの量も増えますので、ごみ捨ての回数が多くなります。

水の質としては、ペット用の水もウォーターサーバーの水(軟水)も問題ないのですが、毎日使う際に負担がなく、続けやすいものを選びたいですね。

ウォーターサーバーの水は全部ペットOKなの?サーバー選びの注意点

ウォーターサーバーの水がすべてペットにとって安全と言う事はできません。
サーバー導入をする際には、そのお水がペットにあげても大丈夫なものが確認する必要があります。

日本のウォーターサーバー=ペットOKではない

ウォーターサーバーの中にも、軟水を使っているものと硬水を使っているものとがあります。
ペットにあげる水を探しているのであれば、契約の前にしっかり硬度を確認しましょう。

水の硬度の欄の数値が120mg/L以下であれば軟水、120ml/L以上であれば硬水となります。
ちなみに、硬度が60~100mg/L程度の水は2つに分けると軟水に分類されるのですが、軟水の中でも「中硬水」と呼ばれます。
危険度は少ないものの、ペットにあげるためにはあまり勧められていません。

安心を求めるならば、硬度が30mg/L程度の軟水がおすすめです。
以下でおすすめウォーターサーバーと共に、各サーバーの水の硬度をご紹介します。

ちなみに、採水地が日本となっている場合には、ほとんどが軟水です。
反対に、採水地がヨーロッパなどの場合にはほとんどが硬水となります。
日本の軟水はミネラル分が少ないため栄養価が低いですが、まろやかで飲みやすく、お茶やコーヒーの味を引き立てるものです。
そして何より、ペットの健康のためにも効果的と言われていますので、ぜひ積極的に軟水を摂取しましょう。

ペットのために!おすすめ軟水ウォーターサーバーをご紹介

ここからは、実際にペットのためにおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。
すべて軟水のウォーターサーバーですが、絶対安心のサーバーを選びたいという方のために硬度までしっかり調べました。
定番人気のウォーターサーバーから、「こんなの欲しかった!」というアイデア製品までご紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

アルピナウォーター

硬度:1.05
特徴:超軟水使用、低価格

軟水を使用しているウォーターサーバーの中でも、アルピナは「超軟水」を使用しており、ペットの内臓への負担を心配せずに与える事ができます。
超軟水は体への負担が少ないだけでなく、まろやかな口当たりで飲みやすいため、ペットだけでなく家族みんなで美味しい水を楽しむ事ができます。
値段も1,050円/12Lボトルと低価格で、家族とペットでたくさん水を飲むご家庭にぴったりです。
自動クリーニング機能がついているため、いつでもペットに衛生的な水を与える事ができ安心です。

関連記事

アルピナウォーターは業界でもトップクラスの超ローコストで、水の消費が激しいご家庭に高い評価を得ています。 またローコストというだけではなく、健康や美容に良いとされる水素水も飲むことができるため、幅広い年代から支持を得ています。 では[…]

アルピナウォーター

クリクラ

硬度:30
特徴:安全性が産婦人科でも認められている

ウォーターサーバー会社の中でも有名なクリクラは、ペットや赤ちゃんにも安心して与える事のできる水を使っています。
最先端テクノロジーのろ過膜(RO膜)を使用しており、水に含まれるウイルスや化学物質を全てシャットアウトしているため、ペットの健康を守る水をして信頼できます。
さらに、定期的に放射性物質が混入していないかをテストしており、水の質を一定に保っています。
安全性が認められている事は、全国の560の産院で使われている事によっても証明されています。

クリクラが長年愛されているもう一つの理由は、無駄な料金がほとんどかからず、料金体系がシンプルだという事です。
入会金や手数料、水の宅配料金やサーバーのレンタル代がすべて無料で、月々にかかるコストは実質水の料金だけになります。
水の料金は1,460円/12Lです。
複雑な料金体系があったり、よくわからないオプション料金がついていると不安になりますが、クリクラは毎月かかるコストがわかりやすく安心できますね。
長年の信頼と実績があるという点でおすすめのメーカーです。

関連記事

ウォーターサーバーといえばクリクラ! クレヨンしんちゃんのコマーシャルでお馴染みの、老舗ウォーターサーバー会社です。 新しいメーカーが次々に参入してくる中、それでもクリクラをずっと愛用している人が大勢います。 クリクラを使い続けるメリ[…]

クリクラ

フレシャス

硬度:富士・21 木曽・20 (朝霧高原・85)
特徴:水源地が選べる、サーバーがおしゃれ

フレシャスの水には3つの採水地があり、その中から硬度の低い水を選ぶ事ができます。
「富士」と「木曽」の水は軟水ですので、ペットにあげる場合にはこの2つから選びましょう。
フレシャスは水が安全なだけでなく、サーバーがおしゃれで高機能という点でも人気が高いです。
水を衛生的に保つために「フレッシュ機能」がついており、サーバー内で温水を定期的に循環させる事で水が停滞せずフレッシュな状態をキープできます。
ボタンを押すだけで簡単にフレッシュ機能を使う事ができ、まいにち清潔な水を楽しむ事ができるのです。
デザインも「グッドデザイン賞」を受賞するほどおしゃれですので、ペットのために安心なだけでなく、インテリアに馴染むサーバーが欲しいと感じている方におすすめです。

関連記事

フレシャスのウォーターサーバーはグッドデザイン賞を受賞するほどオシャレで、衛生面・使い勝手の良さなどでも高い評価を得ています。 数あるウォーターサーバーの中でも人気は高く、費用面から見ても人気NO.1となっています。 では、そん[…]

フレシャスのデュオ

コスモウォーター

硬度:京都・30(大分・62 静岡・53)
特徴:クリーンエアシステムで水の鮮度を保つ

コスモウォーターは天然水にこだわるウォーターメーカーで、それぞれの採水地の栄養豊かな水を直送しています。
採水地は京都・大分・静岡の3つがありますが、このうち軟水なのは京都のみなので、ペットにあげる場合には京都の水を選ぶ必要があります。
しかしコスモウォーターは産地直送をモットーとしているため、お住まいにより配送される水が決められ、自分で選ぶ事はできません。
京都で採水された水は、中部~四国地方にお住まいの方のみに配送されます。

コスモウォーターのサーバーにはクリーンエアシステムが搭載されており、メンテナンスの必要もなく常にサーバー内は清潔に保たれています。
従来のウォーターサーバーは、排水の際に外気がボトル内に入り込む性質があったため、外気の汚れやわずかなウイルス等も一緒にボトル内に入ってしまうものでした。
クリーンエアシステムはそのトラブルを防ぐため、内部に入った空気をクリーン化する機能です。
外気はサーバー内に入る前に特許技術により洗浄されるので、水をウイルスや雑菌の繁殖から徹底的に守ることができるのです。
さらに48時間ごとに温水を循環させる事で、サーバー内を綺麗に保ちます。
水の鮮度を保つために努力し続ける、信頼できるメーカーです。

関連記事

コスモウォーターはウォーターサーバーを検討している人なら知らない人はいないというほど人気の高い商品です。 2016年には[markerY]業界で売り上げ第1位[/markerY]になり、特に高齢者や女性に高い人気があります。 3[…]

コスモウォーター

水を飲まない子にも!サーバーと合わせて使いたい「噴水式給水機」

「うちの子、お皿から水を飲まないのに、蛇口からは水をよく飲むのはなぜ?」
なんて疑問を持っている方は多いものです。
特に猫ちゃんは、蛇口の水を好む傾向がありますね。
理由は詳しく解明されていませんが、新鮮な水を求める気持ちや、水が落ちていく様子に惹きつけられていると予想できます。

水を楽しくたくさん飲んでもらうために開発されたのが、噴水式の給水機です。
小型の噴水の真ん中から水が流れ落ち、新鮮な水を楽しくペットに与える事ができます。
水の温度を変えたり、お皿を変えたりといろいろ工夫をしても、「全然水を飲んでくれない」とお困りの方にも、ぜひ試して頂きたい商品です。

詳しくはこちら

お留守番に安心!サーバーと合わせて使いたい「自動給水機」

ペットボトル等をセットして、なくなった量の水を自動で給水してくれるアイデア商品があります。
これならペットが自分の必要なだけ水を飲む事ができ、お留守番中に水分不足になる心配もありません。

さらに、夏にはペットの水が悪くならないか心配な時もありますよね。
温度が高いだけでなく、ペットが直接口をつけるのでそこから雑菌が繁殖し水が腐ってしまう可能性もあります。
自動給水機を使うと、いつでも新鮮な水が出てくるので、長期間水を放置して水が悪くなってしまうのを避ける事ができます。

最新式ですとほこりや汚れが水に入るのを防ぐための仕切り、排水口などがつき、さらに水を衛生的に保つ事ができます。
留守にする事が多い方は、ぜひ試してみて下さいね。

詳しくはこちら

その他:ペットの嫌な臭いが消える水

ペット用の水に加えるだけでペットの臭いを抑える効果がある商品もあります。
「飲水環境消臭剤ニオイと~る」は、ペットの体に害のない「天然フルボ酸」を使用した天然の消臭グッズです。
犬やフェレットのし尿が臭うのはアンモニアや「アミン酸」「低級脂肪酸」の影響ですが、天然フルボ酸はそれらの臭気を低減させる事ができます。
家の中にトイレがあり、臭いに悩まされている方におすすめです。

作り方は簡単で、本品キャップ1杯(5ml)を約250mlの水に希釈するだけです。
ペット用のお水にこだわるならば、一緒に臭い対策もしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

まとめ

ペットのために選ぶウォーターサーバーを特集しました。
日本で採水された水は軟水が多いのですが、複数採水地を持っているメーカーの中には硬度が高めの水を使用しているメーカーもありました。
日本のメーカーだから、と安心せず、契約の前に水の硬度をしっかり確認しましょう。

さらに、水を衛生的に保つための機能を備えているサーバーを選ぶなら、大切なペットにいつも清潔な水をあげる事ができます。
自動のクリーニング機能がついていれば、自分で面倒な掃除やメンテナンスをしたり、オプション料金を払ってメンテナンスしてもらう必要もありません。
契約の前には、クリーニング機能についてもチェックしたいですね。

ペットのための水を今替える事で、大切なペットの命を尿路結石や感染症などの病気から守ることができるかもしれません。
ペットのためにできる事は何でも行いたい!と思っておられるならば、ウォーターサーバーを導入する事を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

給水機と猫
最新情報をチェックしよう!