ウォーターサーバーの選び方

積み木

ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?人気メーカー徹底比較

ウォーターサーバーを設置するかどうか検討の際、気になるのが毎月かかる電気代です。

ウォータサーバーは床置型になると、かなりの大きさがあるので、その大きさから「相当電気代が高いのでは?」と思われている人もたくさんいます。

では、実際にウォーターサーバーの電気代はどれくらいなのでしょうか。
電気代が安い順番にご紹介しようと思ったのですが、ウォーターサーバーはインテリアにもなるため、人気メーカーのものを設置する人がたくさんいます。

そこで、人気メーカーの電気代を比較していきますので、設置の判断基準にしていただければと思います。

ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?省エネタイプとは?

エコのイメージまず、ウォーターサーバーの電気代が大体どれくらいかによって、この先読み進めるかが変わってくるかと思います。

あまりに高ければこの時点で「やめておこう」となりますし、「え?そんなもんなの?」と思えば最後のアドバイスまで読めるでしょう。

ですので、まずはウォーターサーバーの電気代がどれくらいなのか、おおよその電気代をお話しましょう。

ウォーターサーバーの電気代は2つのタイプで全く違います。
省エネタイプ通常のタイプとでは、倍くらいの電気代の差が出るのです。

もちろん、使っている環境によって違ってきますが、省エネタイプ1か月に500円ほどで、通常のタイプでも1か月1,000円ほどです。
電気代が1,000円以下なら基本的に省エネタイプと言われますので、ほとんどのウォーターサーバーが省エネタイプと思って良いでしょう。

この金額が安いか高いか分からないと思いますので、電気ポットと比較してみましょう。

電気ポットのイラスト電気ポットも、お水をお湯に沸騰させるので、ウォーターサーバーと似ています。
ウォーターサーバーで一番電力を消費するのは、お湯を温める時ですので使っている感覚としては同じです。

ただし、電気ポットはたった2リットルくらいのお湯を沸かすのに対し、ウォーターサーバーは7リットルや12リットルの大容量のお湯を沸かすことになります。

ですが、かかっている電気代は電気ポットとさほど変わらないのです。

標準的な2.2リットルの電気ポットを1日2回、満タン状態で沸騰させたとします。
その後は保温モードですので電気代はほとんどかかりません。
この状態で、電気ポットの1か月の電気代は約900円です。

ですので、省エネタイプのウォーターサーバーの方が圧倒的に電気代が安いですし、通常タイプのウォーターサーバーでもさほど変わりはありません。

ウォーターサーバーの電気代を徹底比較!床置型と卓上型別一覧

では、ウォーターサーバーの電気代がどれくらいなのか、大よその見当が付いたところで、実際に各メーカーのウォーターサーバーの電気代がどれくらいなのか比較してみましょう。

比較しやすいように消費電力も書いておきますので、参考にしてください。
それでは、床置型卓上型、それぞれの人気メーカーの電気代を比較していきます。

床置型で人気のウォーターサーバー19社の電気代

ウォーターサーバー

表は横にスクロールできます。
左から電気代が安い順です。
メーカー フレシャス アクアクララ うるのん ネイフィールウォーター ワンウェイウォーター 富士おいしい水 コスモウォーター アルピナウォーター 信濃湧水 ピュアハワイアンウォーター オーケンウォーター アクアセレクト プレミアムウォーター 富士の湧水 キララ ふじざくらの命水 富士桜長命水 クリクラ サントリー
水の種類 天然水 RO水 天然水 天然水 天然水
RO水
天然水 天然水 RO水 天然水 RO水 天然水 天然水 天然水 天然水 天然水 天然水 天然水 RO水 天然水
消費電力 冷水80w
温水350w
冷水105w
温水465w
冷水90w
温水350w
冷水85w
温水400w
冷水85w
温水350w
冷水85w
温水450w
冷水85w
温水350w
冷水95w
温水330w
冷水95w
温水330w
冷水95w
温水275w
冷水80w
温水350w
冷水95w
温水520w
冷水80w
温水350w
冷水145w
温水450w
冷水80w
温水400w
冷水145w
温水450w
冷水125w
温水450w
冷水73w
温水450w
冷水100w
温水260w
電気代 約330円 約350円 約390円 約400円 約436円 約450円 約465円 約470円 約470円 約470円 約500円 約600円 約620円 約700円 約800円 約800円 約800円 約1,000円 約1,000円

卓上型で人気のウォーターサーバー16社の電気代

卓上型サーバーでは次に、卓上型で人気メーカーのウォーターサーバーの電気代を比較します。
卓上型は床置型よりコンパクトなため、電気代も安いと思われがちですが、意外とそうではありません。

卓上型も床置型も電気代にさほど変わりありません。
それでは、16社のウォーターサーバーを比較してみましょう。

メーカー うるのん フレシャス アクアセレクト プレミアムウォーター 富士の湧水 ワンウェイウォーター アルピナウォーター 信濃湧水 ピュアハワイアンウォーター ふじざくら命水 ネイフィールウォーター 富士桜長命水 富士おいしい水 アクアクララ クリクラ オーケンウォーター
水の種類 天然水 天然水 天然水 天然水 天然水 天然水・RO水 RO水 天然水 RO水 天然水 天然水 天然水 天然水 RO水 RO水 天然水
消費電力 冷水90w
温水350w
冷水100w
温水200w
冷水95w
温水520w
冷水80w
温水350w
冷水145w
温水450w
冷水85w
温水300w
冷水95w
温水275w
冷水95w
温水275w
冷水95w
温水275w
冷水130w
温水450w
冷水85w
温水400w
冷水115w
温水450w
冷水85w
温水450w
冷水105w
温水465w
冷水75w
温水350w
冷水100w
温水300w
電気代 約390円 約490円 約600円 約620円 約700円 約705円 約800円 約800円 約800円 約800円 約800円 約800円 約800円 約1,000円 約1,000円 約1,000円

ウォータサーバーの電気代を節約することはできるの?

豚の貯金箱ウォーターサーバーの電気代は「ピンキリ」と言って良いほど、かなりの差がありました。
ですが、ウォーターサーバーにこだわりがあったり、どうしてもこのメーカーのものを使いたいとなった時に、電気代が高いと悩んでしまいます。

そこで、考えられるのは電気代を節約する方法はないのかということです。

ウォーターサーバーの電気節約法がきちんとありますので、電気を節約したいという人は試してみてください。

基本的には省エネタイプのウォーターサーバーは電気代が安い

ウォーターサーバーを選ぶ時に、電気代が気になるなら省エネタイプが良いでしょう。
基本的に省エネタイプは月にかかる電気代が1,000円以下となりますし、安いものだと300円台や400円台のものもあります。
長期的に使うことを考えると、省エネタイプが良いでしょう。

オートクリーン機能が搭載されているサーバーは電気代が高くなる

オートクリーン機能というのは、ウォーターサーバーの内部を殺菌・除菌して、常に清潔な状態にしてくれる機能です。
熱湯を循環させて殺菌・除菌するため、従来のUV除菌タイプや抗菌材タイプより電気代が高くなる傾向があります。

ウォーターサーバーはお水からお湯にする時など、温める時に一番電力を消費するため、熱湯を使うオートクリーン機能が搭載されていると、その分電気代が高くなります。

ですので、少しでも電気代を安くしたいのであれば、オートクリーン機能が搭載されているものではなく、UV除菌タイプや抗菌材タイプにするとよいでしょう。

ウォーターサーバーの鉄則「電源を切らない」を守って

豆電球ウォーターサーバーを設置した時に、必ず言われるのが「電源を切らないでください」ということです。

オートクリーン機能が搭載されている場合は、電源を切ることでクリーン機能が停止してしまいます。

するとウォーターサーバー内に雑菌が繁殖し清潔な状態を保てなくなるのです。

また、電源が切れると、再び1からお湯を沸かさなければならないので、その分電気代もかかります。

節電のために待機電力を少しでも減らそうと、色々な機器のコンセントを抜く人がいますが、ウォーターサーバーに限っては、電源を抜くと逆効果になるのでやめましょう。

ウォータサーバーの電気代は意外とお安い

ウォーターサーバーの電気代を色々な角度から解説してきましたが、高いと感じましたか?
実際ウォーターサーバーを使っている人の口コミを見ても、ウォーターサーバーの電気代が高いと感じている人はほとんどいませんでした。

電気代はもちろん安いのですが、それ以上にウォーターサーバーは便利なため、これくらいの電気代なら気にならないのです。

利便性と電気代を天秤にかけると、利便性が勝るのがウォーターサーバーですから、使ってみて損はないでしょう。

サイトマップ

関連記事

  1. ウォーターサーバーのお水の種類は?硬度や用途を徹底比較

  2. プレゼント

    キャンペーンを実施しているウォーターサーバー会社はどこ?

  3. ウォーターサーバーのノルマ

    お水の消費量が少ない人はウォーターサーバーのノルマに注意

  4. 赤ちゃん向けのウォーターサーバーとは

    赤ちゃん向けのウォーターサーバーとは

  5. 噂話

    気になる人気ウォーターサーバーの口コミを条件別で徹底比較

  6. ワンルーム

    一人暮らしにウォーターサーバーは必要?気になる費用や使い勝手は?

PAGE TOP